過去
 
私たちの曽祖父Edmond DUBOIS(1872-1921)は、その名をつけたブランドの創始者でしたが、1911年に葡萄栽培者の仲間からシャンペンの「救世主」、フランス語で「レダンタール」という別名をつけられ、その名が彼の醸造するシャンパンのブランドとなりました。

・ というのは、20世紀の始め頃シャンパニュー地方の葡萄耕作者の経済状況は最悪でした。
 
• .葡萄畑は“あぶらむし病”という、葡萄の木を枯死させる害虫により大きな被害を受けていました。
 
• 特に、 1910年の葡萄の収穫は壊滅的でした。
 
• さらに、税金の重圧が葡萄耕作者を苦しめていました。その当時、葡萄耕作者が直面していた最も恐るべき災難は法規の欠如でした。事実、 “原産地統制名称”というような法律は存在せず、シャンパーニュ地方原産の葡萄酒のみが、瓶に「シャンペン」と表示することができ、他の産地の葡萄酒はラベルに「シャンペン」と表示するのを禁ずるという保護規定は全くありませんでした。1911年, このような出来事が起っている間、私たちの曽祖父 Edmond DUBOISは、シャンパーニュー地方の醸造の仕事とその伝統を大変な情熱をもって擁護したので、彼の仲間たちは彼を「救世主」、「レダンタール」と呼んだのです。それから第一次世界大戦が勃発しました。1918年には私たちのヴァンターユ村は

 

facebook_page_plugin